過矯正

レーシックの手術後に視力が低下する現象

視力が低下する原因としては主に、過矯正、術後の合併症、近見障害があります。
過矯正は「近視を矯正し過ぎて逆の遠視になった、遠視を矯正し過ぎて逆の近視になった」ことが考えられます。
近視の検査では度数を上げていくことで網膜にピントが合う快適な状態を測定します。
術前の最も良い視力=その人の快適な視力とは限りません。
検査は短時間で目が思いっきり頑張って出た視力になっているかもしれません。
その状態で最高視力を出し、この視力がでた度数で手術の設定をしてしまうと軽度の遠視になってしまうのです。

術後の合併症には角膜の混濁や変形があります。
レーシック手術は角膜の表面を薄くめくってからレーザーで削り、ふたをしめるように角膜の表面を戻します。
めくった薄い膜を乗せて元に戻します。
個人差によって回復度や周囲の細胞とくっつくまで時間がかかった場合、レーシックによって予定とは違う形になったり、めくった膜のずれやしわの形が残ることがあります。
また、レーシック術後に強い運動や衛生環境の悪い状況で過ごすと感染症が起こりやすくなり、角膜が濁ってくる原因となります。

近見障害は、近い場所を見ようとするとぼやけて見えたり疲れやすくなることです。
近い場所ならばあまり見えにくさが気にならない程度の近視だった場合によくあります。
手術をしたことで遠くが見えやすくなっても近くは術前より疲れを感じやすくなります。
近視の過矯正にも同じような症状が起きやすくなります。
気になるレーシックのアフターケアについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ