過矯正

レーシックで失敗した場合

病院の設備によるものとして、滅菌・消毒・器具の管理・保守点検などによる感染症があります。
過去にこれらがきちんと行われていなかった病院で集団感染が発生したことがあります。

医師の判断によるものとしてメリットだけでなくデメリット、レーシック手術に適応しているか、レーシック手術までの流れ、術後におこりうる合併症や症状、定期検査などを丁寧に説明なければなりません。
患者さんがよく理解できないまま同意してしまい、術後に予想していなかった症状に苦しむことになりかねません。
照射するレーザーの細かい数値の計算は手術器具が行いますが、そのベースとなる検査結果を設定するのは医師が行います。

レーシック手術は眼科専門医でなくともできます。
医師以外が行う検査も無資格でできます。
正しい検査結果を反映できるかどうかは医師と検査スタッフに委ねられています。
専門の知識や技術を持たないまま手術が行われると予定していた視力まで上がらなかった、近視の場合では過矯正という遠視の状態になってしまい、かえって見えにくく強い眼精疲労に悩まされることがあります。
また、患者さんからの希望やどんなことに困っているか、仕事は近くを見る作業か、遠くのものを見る作業かなど患者さんから日常生活についての聞き取り調査が十分でなく、医師が一方的に判断して行われてしまうことも原因となります。
また、アメリカでのレーシックについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ