過矯正

レーシックは永久的に視力を回復する

近視等は18才くらいまでに進行し、成人になると止まる傾向がありますが、個人差があります。
手術した時点では合っていても、その後も変わる可能性はあります。
予測することはできません。

レーシックは眼鏡・コンタクトレンズと違い、あとから微調整することができない手術だということをよく考えて判断してください。
再手術を受けることもできますが、何度もレーシックを受けることは望ましくありません。
眼鏡やコンタクトレンズの使用することも考えておきましょう。
老眼が始まっていると近くは見えにくくなるので、近距離用の眼鏡が必要です。

他の病気による視力低下もあります。
白内障(水晶体が濁る)、緑内障(眼圧が高い)などによるものには対応できません。
病気のない人も現在の矯正視力が手術後の視力は同じくらいになります。
病気それぞれの治療を受けてください。

レーシック手術を受けたことで他の病気の検査や治療に支障をきたす場合があります。
レーシック手術のデータを必要とすることが多いため、その後も定期的に検査を受けることで早期発見し治療することが大切です。
できれば手術を受けた病院に通院するか、病院が遠方にあり自宅近くのクリニックへの転院するときに手術のデータや紹介状を持っていきましょう。

このページの先頭へ