過矯正

診察からレーシック手術までの流れ

最初の適応検査はレーシック手術を受けるのに問題のない眼の状態かを検査、診察をします
ここでは最低限必要な適応基準を満たしているか診察で判断します。
この段階でレーシックに「適応しない」と判断される場合があります。
理由としてはいくつか挙げられます。

軽度の近視、または基準を超える強度の近視軽度の場合です。
軽度の近視では多少遠くのものはぼやけて見えていても近くは見えやすいので日常生活では常に眼鏡やコンタクトレンズを必要としないレベルです。
強度の近視の場合、手術で角膜を多く削る必要があります。
削るほど角膜が薄くなるので角膜が耐えられないレベルです。
安全性を考慮して危険だということです。
角膜の厚みがもともと薄いという場合も同様に判断されます。
他の理由としては角膜の異常が発見された場合や糖尿病などの治療中の病気がある場合は受けられません。
それを隠さないでください。

適応検査から手術を行う決定の前に術前検査があります。
適応検査よりさらに精密な検査をし、手術に使用する機器の数値を確定させます。
診察の中では「インフォームドコンセント」という医師からの十分な説明と同意することです。
リスク、予想される症状、合併症、日常生活にどのような影響があるのかなどを医師から説明を受けます。
一方的な説明だけではなく、受ける側もその内容でレーシックについてよく理解できたか、気になっていること、分からないことなどを質問して「話し合う」ことが大切です。
正しいレーシックの知識についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ