過矯正

老眼とレーシックの関係

ピントを合わせる働きがある水晶体は距離によって厚みを調整します。
水晶体は若いうちは柔らかく加齢とともに硬くなって厚みの調整する力がなくなってしまいます。
近くを見ようとすると疲労を感じるようになり、ぼやけて見えにくくなっていきます。
でも、少し遠ざければ見えるのです。
年配の方が新聞を読むときに少し離して読む姿を見かけたことはありませんか。
老眼は誰にでも起きる現象です。
40代頃から自覚し始めます。
本当はもっと前から調整できる幅が小さくなってきているのですが、それまでは日常生活には支障のない範囲だっただけです。

よく老眼は「遠視は早い」「近視は遅い」などと言われますが、それは間違いです。
裸眼で考えた場合、遠視は近くを見ようとすると正視の人と比べると調整力が大きくなります。
その調整力が弱くなると疲れやすさや見えにくさが正視の人と比べると早く自覚する人が多いようです。
反対に近視の場合は近くを見ようとするときに正視の人よりも調整力を必要としません。
近くは比較的見えにくさや疲れは自覚しにくくなります。
正視の人にも老眼は平等にやってきます。

レーシック手術は角膜に対する手術なので、水晶体が原因となっている老眼にレーシックは何も影響しません。
多くの人は近く用の眼鏡や遠近両用の眼鏡をしようします。
今はコンタクトレンズも老眼向けに作られたものもあるので選択肢は眼鏡だけでなくレーシックもあります。

このページの先頭へ