過矯正

レーシックすると難しい職業

レーシック手術を受けたことで職業選択に関しては特別に問題がある職業はほとんどありませんが、手術前に他の病気(近視、遠視、乱視以外)のために視力が低下している場合はレーシックを受けることで完全な視力回復はできません。
レーシック手術は近視、遠視、乱視に対しての効果だけです。
たとえば近視と緑内障(眼圧が高い)で裸眼視力が(レンズをつけない)0.1、矯正視力(レンズをつけて測定)が0.5だった場合、手術を受けることで0.5まで回復できますが、レーシック手術のみでそれ以上回復することは困難です。
気になるレーシックの安全性についても参考にご覧ください。

矯正視力以上にはなれません。
手術前に裸眼視力と矯正視力は必ず測定します。
基本的に術前の矯正視力が術後の裸眼視力となります。
(希望により調整可能)
・裸眼視力が条件になる主な職業

警察官…両眼とも裸眼視力0.6以上、または裸眼視力0.1以上で矯正視力1.0以上
競艇…両眼とも裸眼視力0.8以上で(医師による判断によっては不可になる)
騎手…両眼とも裸眼視力0.8以上(現在、記載なし 要問合せ)

眼鏡やコンタクトレンズを使用してよい職業で、レーシック手術を受けてしまうと逆に採用、受験できない、または継続ができない可能性がある職業があります。
なりたい、継続したい人はレーシック手術を受けることを慎重に判断する必要があります。
パイロット…精密検査が必須、結果によっては不可(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
自衛隊…一部不可(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
また、レーシックを行った芸能人についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ