過矯正

レーシックは術後のケアが重要

術後は角膜の保護のために様々な制限があります。
当日の洗顔は禁止です。
入浴もシャワー程度にします。

レーシック後はこすったり衝撃を受けることがないように保護用に度なしの眼鏡を1週間程度使用することがあります。
軽い運動はレーシック手術後1週間後までは控えてください。
サッカーやテニスのような強い運動はレーシック手術後1か月くらい経ってから始められます。

メイクは3~4日後までは控え、アイメイクは一週間くらい我慢してください。
眼の表面だけの手術といっても生活全体の制限は多くなります。
また、レーシック後のブルーライトも好ましくないです。
眼の乾きやすさやまぶしさは長期的につづく場合が多くあります。
点眼薬で対処しながら自分で生活をコントロールします。

翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後と術後の定期検査があります。
角膜か接着しているか、ずれや変形がないか、その後の視力などを検査します。
スケジュール通りに通院できるように予定を調整します。

見え方に異常や症状はなくても必ず検査を受けてください。
自分では分からない異常があるかもしれません。
そのような場合に早く治療を受けることで長期的な安全性が高くなります。
6ヶ月までの定期検査は必須ですが、それ以降は任意であったり1年ごとに経過観察を推奨するなど病院によって異なります。
また、今や女性の必需品カラーコンタクトのレーシック後の使用についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ