過矯正

術後の過矯正に関して

レーシック手術を受けた人の中で多いトラブルに「過矯正」というものがあります。
近視の場合、最適な数値をレーシックによって超えてしまうことで起こります。
近視を手術したのに遠視に変わってしまうのです。
これが過矯正です。
遠視状態になったまま裸眼での生活を始めると、今まで感じなかった強い眼精疲労の症状が現れます。
遠視は遠くを見る時も近くを見る時でも常にピントを合わせる筋肉を酷使することになるからです。

過矯正になる原因として角膜の硬さには個人差があり、術前検査ではそこまで測定することができません。
想定されていた以上に角膜が削られてしまうことで遠視に変わってしまいます。

もうひとつレーシック手術で考えられる原因として、受ける側が「最高視力」にこだわっていないかです。
矯正視力を測定するときは前に置くレンズの度数を上げていきます。
正常の基準となるのは1.0以上です。
「できるだけ視力を上げたい」と思って検査を受けていると、最適な数値を超えても眼は必要以上に頑張って筋肉を使い1.5~2.0になるまで続けます。
一時的にがんばった数値と日常生活で快適な数値は異なります。

過矯正をできるだけ防ぐには視力検査で「最高視力にこだわらないこと」「自然にリラックスすること」「視力は1.0~1.2で十分」という心構えを持ってください。
医師は視力検査の結果を見ますが、視力検査はしません。
受ける側も「おまかせ」はしないということです。
よく耳にするレーシック難民についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ