過矯正

眼科医がレーシックを利用しない理由

レーシック手術を行っている病院で医師が眼鏡をかけていたり、コンタクトレンズを装用しているのを見るとなぜこの先生は手術を受けていないのだろかと疑問を持ちたくなります。
「ひょっとしたらレーシック手術はとても危険なものではないか」と。

眼科医がレーシック手術を受けていた方が不安を感じる気持ちを分かってくれるかもしれません。
手術を受けている医師もいればしていない医師もいます。
それは個人的な事情でしょう。
いくら医師でも自分で手術ことはできません。
医師にも仕事があります。
日々の診察で忙しくてそんな時間がとれない医師は多いでしょう。

医師は眼の構造や働きに精通しています。
手術を受けることで日常生活がどう変化するかよく知っているでしょう。
老眼が始まって遠くは良くても近くは見えにくさや疲れてしまうのであれば診察のような近くを見る時だけ眼鏡が必要になります。
また、「屈折矯正手術ガイドライン」は「近視は3Dを超える屈折度」という一文が入っています。

これは軽度の近視で裸眼では遠くは多少ぼやけていても、近くは眼鏡がなくても見えやすい程度です。
これが老眼になった時には近くは見えやすい状態のままです。
ピントが合う幅は小さくなりますが、近くを見る時に眼鏡が必要ない可能性があります。
程度によっては手術を受けないほうがいい場合もあるのです。
そこをよく知っているから受けないことを選んでいるのでしょう。

このページの先頭へ