過矯正

レーシックのデメリットに関して

レーシック手術は角膜をレーザーで削って表面のカーブを調整するものです。
ものが見えるには光が角膜、水晶体を通り網膜の位置でピントが合うことではっきりした見え方をします。
近視・遠視・乱視は「屈折異常」と呼ばれ、原因は水晶体の厚みによるものと、目の奥行によるもので、角膜は正常です。

レーシック手術は正常な部分を傷つける行為といえます。
術後の角膜は元の形に戻すことができません。
屈折異常の度数は20才くらいで一定で止まりますが、その後もゆっくりと進み続けることがあります。
眼鏡やコンタクトレンズは度数が合わなければ換えることができますが、術後に変更することができません。
度数に変化がおきたときには眼鏡で調整することになります。

将来的なことを考えると、削った部分の角膜が薄くなるため眼圧(目の硬さ)に実際より低くなる傾向があります。
眼圧が高くなって視力が低下していく病気、緑内症の発見を見逃す可能性があります。
また、水晶体が濁り白内障の人工レンズを入れたいときに、入れるレンズを決めるのに目の奥行を計測して決めますが、レーシック手術を受けるとその人に合う本来の長さが正確に測定できません。
これを正確に測るにはレーシック手術を受けた際のデータを参考にします。
同じ病院に通院していれば病院内にカルテが残りますが、他の病院で受けるとなると手術の記録を持っていき、それをもとにして計算しなおす必要があります。
また、なんとレーシック手術は妊婦さんも可能らしいのです。妊婦だからと諦めてしまっていた方も是非この機会に注目してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ