過矯正

安心できるレーシック手術を受ける

レーシック手術は眼鏡やコンタクトレンズが完全に不要にする手術ではありません。
レーシックとは角膜を削ることでカーブの調整をするものです。
はっきりピントを合わせるのは水晶体です。

その厚みを水晶体の周りにある筋肉を使うことで奥の網膜にピントを合わせます。
近くを見るときはその筋肉に力を入れます。
若いときは厚みを調整する水晶体が柔らかいのですが、加齢によって硬くなり、力を入れても調整しにくくなる老眼が始まります。
このような眼の構造や働きを自分で理解できるようになってください。

レーシックで分からないときは診察で医師に聞いて説明してもらいましょう。
そして手術では何をして、どうなるのか、将来はどうなるのか、どんどん質問して理解してから受けるかどうか決めればいいのです。
検査を受けに行ったからといって手術を受けなければという気持ちは不要です。
受けるか受けないかは選択自由です。
1回だけで決めなくても何度も行ってもいいのです。

病院選びも大切です。
費用だけでなく、医師が眼科専門医の資格を持ち「屈折矯正手術のガイドライン」に沿った方法で行うか、リスクや合併症http://www.aerconditionatieftin.com/rikaiwo.htmlについても惜しみなく情報提供してくれるかなど見極めましょう。
安さ、安全性の強調、体験談を鵜呑みにしないことも大切なことです。

このページの先頭へ